Mac mini到着に備えて~外付けHDDをNTFSからexFATへフォーマット



どうもこんにちはイッシーです。

2018年7月25日にMac miniを購入しました。

念願のMacだったので、今はハイテンションです!

(もう、ハイテンションすぎて文字が見えなくなっちゃってるしw)

しかし、そのハイテンションは一瞬のものに過ぎませんでした。

というのも、Mac miniを使うにあたって

現在使っている外付けHDDの形式をNTFSからexFATに変換する必要があるのです。

なぜNTFSをexFATに変換するのかというと

NTFSはWindowsでしか読み込み/書き込みができません。

しかしexFATの場合はWindowsとMac両方に対応しているので

MacでもWindowsでも読み込み/書き込みができます。

詳しいことを知りたいのであれば、調べてみてください笑

それで、変換作業を行いました


1.まず、外付けHDDのデータをWindows本体に一旦コピーします。

なぜ移動ではなく、コピーにしたかというと、データが正しく転送できなかったときや
エラーが発生したときなどのハプニングが起きても、コピーなら安心だからです。
また、コピーするときは分けてコピーしたほうが良いです。
いっぺんにコピーすると負荷がかかり、データ破損する場合があります。

2.IO-DATAの「ハードディスクフォーマッタ」を利用してNTFSからexFATへ変換します。

3.Windows本体にコピーしたデータをフォーマットした外付けHDDにコピーします。

4.Windowsにコピーしたデータを削除します。


 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

最初の、本体にデータをコピーするとき、すごい時間がかかりました。

予想時間を見て5時間と表示されたときはため息をついてしまいました。

特に写真データが大きかったです。

イッシーHP、イッシーHPアニメ、イッシーHP旅などで

写真のエフェクトをかけたり、画質の良い写真を保存していたりしたので

かなり時間がかかりました。

フォーマット自体は数分で終わりました。

そして今度はまた、外付けHDDにデータを戻すという作業をしました。

これも、5時間位かかったと思います。

結局、2018.7.28の朝10時くらいにやって、終わったのが約21時30分。

疲れたよ

でも、Macが来ることを思えば

こんな作業は

チョチョイのチョですよ。

というわけで、今回はNTFSからexFATに変換をしたという話でした。

では

イッシー