Apple Music 空間オーディオとロスレスオーディオ対応についてまとめてみた。

どうもこんにちはイッシーです。

Appleが日本時間17日深夜に、Apple Musicがロスレス品質による配信と

Dolby Atmosによる「Spatial audio(空間オーディオ)」での配信を

6月より、Apple Music利用者に追加料金なしで展開するという発表をしました。

ロスレスオーディオは、7500万曲以上の楽曲が対応(アーティストがスタジオで制作した品質)で再生可能で

フォーマットについては「ALAC(Apple Lossless Audio Codec)で

44.1kHz/16bitのCD品質から最大48KHz/24bitまでで

Appleのデバイスでそのまま再生できるそうです。

また、192kHz/24bitのハイレゾリューションロスレスも提供するとのことです。

ただし、ハイレゾリューション再生にはUSB-DACなどの外部装置が必要となるみたいです。

ロスレスオーディオは、「設定」から「ミュージック」へ行き

「オーディオの質」でオンにすることができるそうです。


Dolby Atmos(空間オーディオ)対応については、数千曲が用意されており

随時追加されていくそうです。

Atmos対応のアルバムはその詳細ページにバッチが表示されるため

簡単に見つけることができる仕組みになっているそうです。

空間オーディオの再生は、H1およびW1チップを搭載したすべてのAirPods、Beatsヘッドフォン

iPhone、iPad、MacのDolby Atmos対応スピーカー搭載機で楽曲を再生すれば

自動で空間オーディオとして再生されるとのことです。

対応OSは、iOS14.6、iPadOS14.6、MacOS11.4、tvOS14.6以降です。

ちなみにApple Musicの料金は

学生:480円/月

一般:980円/月

ファミリー:1,480円/月です。

以上、Apple Musicの空間オーディオ/ロスレスオーディオ対応についてまとめてみました。

私も昨年から、Apple Musicを利用しておりますが、今回追加料金なしで高音質が楽しめると聞いてとても嬉しく思いました。

ぜひ皆さんも、AppleMusicで高音質の音楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。

本日もGrapeHPの記事をお読みいただきありがとうございました。

イッシー

関連記事

参考にさせていただいた記事

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/05/apple-music-announces-spatial-audio-and-lossless-audio/

https://japanese.engadget.com/apple-music-lossless-atmos-151520362.html

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1325/128/amp.index.html?__twitter_impression=true

この記事がいいなと感じていただけましたら

下のボタンを押していただくと嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

さらにTwitterでシェアしていただくと嬉しいです。

その際は、是非「#GrapeHP」とつけてシェアしてください!

また、Twitterもやっております。

日々、くだらないことをツイートしております。

ぜひ、興味のある方はフォローよろしくお願いします。

GrapeHP - にほんブログ村 TwitterアカウントGrapeHP

Apple Music 空間オーディオとロスレスオーディオ対応についてまとめてみた。」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。