【静岡県】三保松原へ行ってまいりました!〜自然という大先輩に感謝!!

どうもこんにちはイッシーです。

今回は、静岡県静岡市にある「三保松原」に行ってまいりましたので

紹介したいと思います。

三保松原とは?

三保松原は、約7kmの海岸に約3万本の松が生い茂る素晴らしい場所です。

富士山と松林、そして海の青さを一度に見ることができる

とても贅沢な空間を体感することができます。

また、三保松原は富士山世界文化遺産の構成資産にも登録されています。

三保松原と天女伝説

三保松原は、天女伝説で知られる「羽衣の松」があり

毎年10月に松前で三保羽衣薪能が開催されるそうです。

三保の村に伯梁という漁師が住んでおりました。ある日のこと、伯梁が浜に出かけ、浦の景色を眺めておりました。ふと見れば、一本の松の枝に見たこともない美しい衣がかかっています。しかし、あたりに人影はありません。誰かの忘れ物だろうと、伯梁が衣を持ち帰ろうとしたそのとき、どこからともなく天女があらわれてこう言いました。『それは天人の羽衣。どうそお返しください』ところが、それを聞いて伯梁はますます大喜び。『これは国の宝にしよう』とますます返す気配を見せません。
すると天女は『それがないと私は天に帰ることができないのです』とそう言ってしおしおと泣き始めます。さすがに伯梁も天女を哀れに思い、こう言いました。『では、天上の舞いを見せてくださるのならば、この衣はお返ししましょう』天女は喜んで三保の浦の春景色の中、霓裳羽衣の曲を奏し、返してもらった羽衣を身にまとって、月世界の舞いを披露しました。そして、ひとしきりの舞いのあと、天女は空高く、やがて天にのぼっていったといいます。

なお、このときの羽衣の切れ端といわれるものが、近くの御穂神社(みほじんじゃ)に保存されています。

https://shimizukaigan.doboku.pref.shizuoka.jp/asobu/hagoromo/より引用

実際に行ってみた!

たくさんの松が生い茂っており、とても心地の良い空間でした。

こちらが先程述べた、天女伝説のある「羽衣の松」です。

この松に、天女の羽衣がかかっていたんですね。。

御保神社

こちらは、羽衣の切れ端とされるものが保存されている「御保神社」です。

御祭神

大己貴命(おおあなむちのみこと)

三穂津姫命(みほつひめのみこと)

由緒略記

創建の時は不明であるが、千古の昔より、三保の中心に鎮座し、三保大明神 とも称せられ、国土開発の神、海の神と崇められると共に天から天女が 舞い降りた「羽衣伝説」ゆかりの社としても名高く朝野の崇敬を あつめた延喜式内社である。中世以降、武士の崇敬篤く、殊に徳川幕府は慶長年間に壮大な社殿群 を造営寄進したが、寛文八年落雷のため焼失し、今の社殿は、その後 仮宮として建てられたもので、本殿は清水市指定有形文化財に指定されている。 信仰は三保の氏神様・清水・庵原の総氏神として親しまれ文化発祥の 地である。祭神の神徳により、お祭や、正月など全国各地より多くの人々 が参拝する「御神木羽衣の松」の名社です。

https://genbu.net/data/suruga/miho_title.htmより引用

神の道

先程の御保神社の前にある「神の道」いう約500m続く道があります。

羽衣の松に来臨した神は、この「神の道」を経て御保神社に迎えられたそうです。

樹齢200年から400年と言われる老松に囲まれた松並木を歩くと

心が洗われるような感覚を体感することができるみたいです。

実際に私も歩いてみましたが、心が軽くなるような感覚を味わいました。

最後に

三保松原に来たらやっぱり海は見たいですよね。

この日は、残念ながら富士山を眺めることができませんでしたが

天気が良いと富士山を眺めることができるそうです。

私は普段海なし県(山梨県)に住んでいるため

海を見ると、はしゃぎたくなります。

波が靴に当たるギリギリまで攻めたら、思った以上に波が高く上がり

ズボンと靴下がやられました。

このエピソードは、「今週の1枚〜13 weeks」でも同じようなことを述べておりますので

よかったらそちらの方もご覧ください。

静かに波の音を聞いていると、とても心地よく

深く深呼吸をすると、潮の匂いを感じ

海を眺めると、青く輝く大きな自然を感じて

心がさらに豊かになった気がしました。

超贅沢な空間でした。

いかがでしたか?

三保松原で見た松の木や海は、私たちよりこの地球を知っており

私たちにとって大先輩なんだなと感じました。

大先輩が存在してくれているから、私たちはこうして生きることができ

感謝をしなければいけないなと思いました。

皆さんもぜひ、三保松原へ訪れてみてはいかがでしょうか?

本日もGrapeHPの記事をお読みいただきありがとうございました。

イッシー

参考にさせていただいた記事

https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=336

https://shimizukaigan.doboku.pref.shizuoka.jp/asobu/hagoromo/

https://genbu.net/data/suruga/miho_title.htm

https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=553

この記事がいいなと感じていただけましたら

下のボタンを押していただくと嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

さらにTwitterでシェアしていただくと嬉しいです。

その際は、是非「#GrapeHP」とつけてシェアしてください!

また、Twitterもやっております。

日々、くだらないことをツイートしております。

ぜひ、興味のある方はフォローよろしくお願いします。

GrapeHP - にほんブログ村 TwitterアカウントGrapeHP