普段から腕時計を身につけない人がApple Watchを購入するメリット・デメリット

どうもこんにちはイッシーです。

皆さんは普段から腕時計を身につけておりますか?

以前の私は、腕時計を毎日身につけておりましたが

今年の1月頃から、時間を見るだけならiPhoneで見ればいいのではないかと考え

そこから腕時計を身につけることがなくなりました。

ところが最近、Apple Watchがふと気になってしまいまして

いろいろApple Watchを購入するメリット・デメリットを考えたり調べたりしておりました。

今回は、普段から腕時計を身につけない人がApple Watchを購入する

メリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

購入するメリット

その1 iPhoneの通知をApple Watchでも見ることができる

AppleWatchは、時間をみるだけではなく、さまざまな機能があります。

その中で、iPhoneに送られてくる電話の通知やLINEの通知を

iPhoneを開くことなく、Apple Watchで確認することができます。

LINEは、簡単な返信ならApple Watchから送ることができるみたいですので

とても便利になるのではないかと思います。

また、電話がかかってきた場合でも、Apple Watchから通話することができるみたいです。

その2 カレンダー・リマインダーと連携

Apple Watchでは、カレンダーやリマインダーと連携することができるので

iPhoneを開くことなく、予定を確認することができます。

私は、今まで手書きの予定帳で予定を管理していたのですが

今年から全てオンライン上でスケジュール管理をするようにしたので

わざわざiPhoneを開いて予定を確認すると言う手間が省けることは

とても嬉しいことですね。。。

その3 Apple Payなど決済端末として利用可能

Apple Watchでは、Apple Pay機能を搭載しているので

買い物をするときに、iPhoneを取り出さずにApple Watchを端末にかざして

決済することができます。

Suicaを利用して電車に乗ることもできます。

また、PayPayもApple Watchで利用できるみたいですので

キャッシュレスがとても便利になるみたいです。

AppleWatch Series 3以降からは、iPhoneが近くになくても

支払いが可能みたいですので、普段からキャッシュレス生活をしている私からすれば

これは実際に試してみたいなと思います。

その4 転倒検出機能

Apple Watch Series 4以降から転倒検出機能が搭載されているので

自分が転倒してしまったときに、そのまま緊急通報サービスに連絡することができます。

緊急通報サービスに連絡する必要がない場合は

1分以内に「大丈夫です」をタップすれば、画面を閉じることができます。

この機能は、自分が万が一転んでしまって身動きが取れなくなってしまった場合に

とても役立ちそうな機能ですね。

その5 生活習慣の記録

Apple Watchでは、睡眠の質をトラッキングしてくれたり

心拍数の計測や、毎日の運動を記録してくれたりします。

私も普段から、ウォーキングをするときにiPhoneを持って

ウォーキングに出かけたりしますが、iPhoneを持っていくことなく

Apple Watchだけで心拍数や運動の記録をしてくれるのは嬉しい機能です。

その6 マスクつけた状態でiPhoneのFaceIDを解除できる

iOS14.5から、Apple Watchを身につけていれば

マスクをつけた状態でiPhoneのFace IDを解除することができるようになりました。

今までマスクをつけた状態で、iPhoneのロックを解除するには

マスクを外してFace ID認証をするか、パスコードを入力する必要がありましたが

Apple Watchがあれば、マスクをつけた状態でもFace IDの認証をすることができます。

とはいえ、Apple Payやキーチェーンに保存されているパスワードなどでの

Face ID認証はApple Watchをつけていても、マスク状態で解除することはできないみたいです。

購入するデメリット

その1 バッテリー駆動時間が短い

いろんな記事を読んでいると、必ずバッテリーについてが書かれておりました。

普通の腕時計であれば、数年電池を交換しなくても時間を確認することができますが

Apple Watchの場合、機能も豊富なため、毎日確実に充電をする必要があります。

最新のApple Watchでは、最大バッテリー駆動時間が18時間ということで

ガジェットという視点で見れば長持ちするという印象ですが

腕時計という視点でみると短すぎということで

これは考え方によりますね。。

その2 Suica問題

先程、Suicaを利用して電車に乗ることができると書きましたが

このSuicaは、iPhoneとApple Watchで残高を連携することができず

Apple WatchでSuicaを新たに発行するか

iPhoneのSuicaをApple Watchに転送するかどちらかの選択になるみたいです。

Apple WatchにiPhoneのSuicaを転送した場合

iPhoneでは転送したSuicaを利用することができません。

私はてっきり、1枚のSuicaをiPhoneとApple Watchで連携して利用できると思っておりましたが

それができないみたいです。

普段 腕時計を身につけない人がApple Watchを身につける必要性

以上のメリット・デメリットを踏まえた上で考えてみると

Apple Watchの機能は全てiPhoneにもある機能ですし

正直、わざわざApple Watchを購入する必要もないのかなと思います。

ただ、Apple Watchを購入することで

iPhoneを取り出す手間が省けたり、iPhoneを持ち歩かずに運動の記録や

キャッシュレスによる買い物ができたりするので、生活はとても便利になると思います。

また、「転倒防止機能」がついているので

万が一自分が転んでしまって何もできなくなった状況には役立ちます。

iPhoneを持ち歩かず、効率的に生活を送りたいという人なら

普段から腕時計をしていない人でもおすすめかもしれません。
(私個人の意見です)

以上、普段から腕時計を身につけない人がApple Watchを購入する

メリット・デメリットをまとめてみましたが、いかがでしたか?

私は、まだApple Watchを身につけたことがないので

自分の生活にどのようにフィットするのか、ものすごく気になっております。

購入するかしないかは現段階ではまだわかりませんが

もし、購入する機会があったら、いろいろ試してみたいなと思いました。

この記事が皆様の参考になれれば幸いです。

本日もGrapeHPの記事をお読みいただきありがとうございました。

イッシー

関連記事

参考にさせていただいた記事

https://sappi-blog.com/apple-watch/

この記事がいいなと感じていただけましたら

下のボタンを押していただくと嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

さらにTwitterでシェアしていただくと嬉しいです。

その際は、是非「#GrapeHP」とつけてシェアしてください!

また、Twitterもやっております。

日々、くだらないことをツイートしております。

ぜひ、興味のある方はフォローよろしくお願いします。

GrapeHP - にほんブログ村 TwitterアカウントGrapeHP