Apple Payの魅力を紹介!!〜iPhoneを利用している方は絶対利用したほうが良い!!

どうもこんにちはイッシーです。

皆さんは、Apple Payというサービスを利用しておりますか?

iPhoneを利用している方ならご存知だと思います。

Apple Payとは、自分が所有しているクレジットカードやSuicaなどを

iPhoneに登録し、お店の端末にiPhoneをかざすことで支払いができる

とても便利なサービスです。

今回は、iPhoneを持っているけどApple Payを利用したことがないという方に

Apple Payの魅力をお伝えしたいと思います。

Apple Payの魅力その1 iPhoneがお財布代わりになる!!

複数のクレジットカードを登録することができるので

いちいちカバンからお財布を取り出して

お財布からクレジットカードを取り出して支払うことなく

iPhoneの電源ボタンあるいはホームボタンをダブルタップして

FaceID(顔認証)もしくはTouchID(指紋認証)で認証すれば簡単に決済することができます。

場合によっては、お財布すら持ち歩かなくても

iPhoneだけで買い物ができます。

Apple Payの魅力その2 Suica、PASMOを登録することができる!!

Apple Payはクレジットカードの他にSuicaとPASMOを登録することができます。

駅の改札を通る際、わざわざSuicaカードを取り出すことなく

iPhoneをタッチするだけで簡単に改札を通過することができます。

登録も簡単でWalletアプリを利用して、すでに持っているSuicaカードを

iPhoneにかざすだけで簡単にSuicaを登録することができます。
(iPhoneに登録後は、プラスチックのSuicaカードは利用できなくなります。)

また、新しくSuicaを発行するのであれば、Suicaアプリをダウンロードすることで

簡単にSuicaをiPhoneの中で発行することができます。

関連記事「【モバイルSuicaに切り替えるべき??】モバイルSuicaのメリットデメリットを紹介!!

Apple Payの魅力その3 セキュリティ対策もされている!!

スマホ決済で一番心配されるのは、セキュリティ面です。

クレジットカードを登録することで、カード情報が漏洩したり

万が一スマホを落としてしまった時、不正使用されないか心配という方も多いと思います。

Apple Payの場合、支払いを行う際に

Face ID(顔認証)やTouch ID(指紋認証)の本人確認が必要となります。

また、仮にiPhoneを紛失してしまっても、「iPhoneを探す」が有効になっていれば

iPhoneの情報をパソコンなどのデバイスから削除することができますので

あらかじめしっかり対策を行なっていれば、悪用されることを防ぐことができます。

また、Apple Payでは、登録されたクレジットカードは、暗号化されるため

第三者にカード情報が知られることを防ぐことができます。

さらに、決済時の情報の送受信も暗号化されているため、安心して取引ができます。

とはいえ、Suicaなどがエクスプレスカードに登録されている場合

Touch IDやFace IDの認証を省くことができるので

iPhoneを紛失してしまった際、使用されてしまう可能性があります。

したがって、あらかじめ「iPhoneを探す」機能をONにしておくことを強くお勧めします。

Apple Payにカードを登録する方法

クレジットカードを登録するには、まず「Wallet」アプリを立ち上げます。

右上の「+」ボタンをタップします。

クレジットカードを登録する場合は、「クレジットカード等」をタップし

PASMOやSuicaの場合は、お持ちの交通系ICカードに応じて

PASMOであれば「PASMO」をタップし、Suicaであれば「Suica」をタップします。

今回は、クレジットカードを登録しますので、「クレジットカード等」をタップします。

カメラが起動しますので、登録したいクレジットカードをカメラでスキャンします。

名前やカード番号といった情報は、自動で読み取られますので

「次へ」をタップします。

もし、自動で読み取れなかった場合は、手動でカード番号などを入力していきます。

無事、登録が完了いたしました。

Apple Payを利用した支払い方法

Copyright © 2021 Apple Inc. All rights reserved.

まず、店舗で利用できるか確認をしてください。

上記のようなイラストが記載されているお店であれば、Apple Payを利用することができます。

Apple Payで支払う時、自分のクレジットカードの種類に応じて

「iD(アイディー)で!」

もしくは「QUIC Pay(クイックペイ)で!」と言います。

自分のクレジットカードが「iD」なのか「QUIC Pay」なのかを確認する方法は、

Walletアプリで確認できます。

カードの右下に「iD」と書かれていれば、「iD」

このように「QUIC Pay」と書かれていれば、「QUIC Pay」となります。

お金を支払うときは、iPhoneのロック画面から「電源ボタン2回連続押し」することで

クレジットカードが表示されますので、顔認証もしくは指紋認証で本人確認を行い

そのままお店の端末にかざします。

これだけです。

実際にやってみるとものすごく簡単です。

もし、表示されているカードではなく、違うクレジットカードで支払いを行いたい場合は、

一度表示されているカードをタッチすると、以下のように選ぶことができます。

そして自分が支払いに使いたいクレジットカードを選びます。

そして先程と同じように、顔認証もしくは指紋認証をしてそのままお店の端末にiPhoneをかざすだけです。

ものすごく簡単に決済することができます。

以上、Apple Payの魅力を紹介致しました。

iPhoneをお使いの方で、まだApple Payを利用したことがないという方は

ぜひ、Apple Payを利用してスマートにお買い物をしてみてはいかがでしょうか。

本日もGrapeHPの記事をお読みいただきありがとうございました。

イッシー

余談ですが、Appleが出しているApple Card は、日本ではまだ使えませんが

いつ使えるようになるのでしょうか。。

デザインがとても好きで、もし日本で使えるようになったら、申し込んでみたいなと思いました。

この記事がいいなと感じていただけましたら

下のボタンを押していただくと嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

さらにTwitterでシェアしていただくと嬉しいです。

その際は、是非「#GrapeHP」とつけてシェアしてください!

また、Twitterもやっております。

日々、くだらないことをツイートしております。

ぜひ、興味のある方はフォローよろしくお願いします。

GrapeHP - にほんブログ村 TwitterアカウントGrapeHP