我が家に新しいWi-Fiルーター(Wi-Fi6対応ルーター)がやってきました。

どうもこんにちはイッシーです。

皆さんのご自宅には、Wi-Fiルーターを設置していますか?

私の自宅にもWi-Fiルーターを設置しているのですが

この度、Wi-Fiルーターを新しくしましたので、紹介していきたいと思います。

今回、新たに購入したWi-Fiルーターはこちらです。

「I-O DATA WN-DAX 1800GR Wi-Fi6対応ルーター」です。

最近よく耳にするWi-Fi6対応のルーターを購入しました。

そもそもWi-Fi6とは何??という方もいるかもしれませんので

簡単に説明します。

Wi-Fi6とは??

Wi-Fi6とは、2019年9月にスタートした次世代のWi-Fi通信規格です。

最新のスマートフォンやパソコンといったデバイスには

Wi-Fi6対応というような表記があります。

Wi-Fi6の特徴は、主に3つあり

まず1つ目は、通信速度の向上

2つ目は、複数の周波数に対応

最後3つ目は、接続が安定しているという特徴があります。

それぞれを詳しく見ていきますと

1つ目の通信速度向上とは、 以前のWi-Fi5の通信速度の最大が6.9Gbps(理論値)でした。

そして今回のWi-Fi6の通信速度の最大は9.6Gbps(理論値)となり

約10Gbpsの通信速度を出すことができるようになりました。

あくまで理論値ですので、一般的な環境で9.6Gbpsを出すことは

不可能に近いのですが、Wi-Fi5より高速になっていることには

間違いありません。

2つ目の複数の周波数に対応とは

これまでのWi-Fi5が5GHzの周波数のみの対応だったのに対し

Wi-Fi6は、2.4GHzと5GHzの両方に対応しています。

ちなみに2.4GHzは、障害物に強く、5GHzは通信速度が速いと言われています。

3つ目の接続が安定しているとは、Wi-Fi6は混雑に強く

人がたくさん同時に接続して、Wi-Fiが混雑している状況でもスムーズで快適なWi-Fiを楽しむことができます。

では早速「I-O DATA WN-DAX 1800GR」を試してみましょう。

iPhoneを使って通信速度を計測してみました。

使用端末: iPhone12 2.4GHz
使用端末: iPhone12 5GHz

iPhone12は、Wi-Fi6対応端末です。

使用端末 : iPhone8 2.4GHz
使用端末:iPhone8 5GHz

iPhone8は、Wi-Fi5対応です。

以前使用していたルーターの速度を計測するのを忘れてしまったので

比較ができませんが、おそらく以前のルーターの速度よりかなり向上していると思います。

ちなみに、今まで使っていたWi-Fiルーターは「NEC WG600HP」

というルーターを利用しており、確かWi-Fi4対応だった気がします。

この子には、5年間お世話になりました。

ありがとう!!

いかがでしたか?

普段動画を見るときや、記事を読んでいるときなど

通信速度が以前より早くなった気がします。

今のところ特に不満点はありません。

今後何か気づいた点などがあったら、GrapeHPにてまとめていきたいと思います。

本日もGrapeHPの記事をお読みいただきありがとうございました。

イッシー

余談

Mac miniでも速度を計測してみました。

計測した時刻が、夜の11時くらいですが

速度はかなり出ている方だと思います。

この記事がいいなと感じていただけましたら

下のボタンを押していただくと嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村

さらにTwitterでシェアしていただくと嬉しいです。

その際は、是非「#GrapeHP」とつけてシェアしてください!

GrapeHP - にほんブログ村