M1搭載のMacBook Air、Mac mini、MacBook Proをそれぞれ比較してみた。〜正直、Mac mini、悩んでいます。

どうもこんにちはイッシーです。

先日、Appleの発表会が行われまして

Apple独自のチップ「M1」が搭載された

MacBook Air、Mac mini、MacBook Proが登場しました。

今回は、それぞれ従来のMacと、今回のM1搭載のMacでは

どのように変化をしたのかを、詳しくまとめていきたいと思います。

MacBook Airの比較

Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved.

2020年3月に登場したMacBook AirとM1搭載のMacBook Airを比較してみます。

Airに新しい力をのせて。

まず、最大の違いは、何度も述べている通り

Intel製のチップからApple独自のM1チップへ変わりました。

コア数も最大4コアから8コアへグレードアップしております。

メモリーも、最大16GBのユニファイドメモリを搭載したことで

さらにパフォーマンスが向上したみたいです。

バッテリー駆動時間は、前作では最大12時間でしたが

最大18時間のバッテリー駆動時間ということで

6時間も向上しました。

また、M1搭載のMacBook Airでは、冷却するファンがなくなったことで

より静かになったそうです。

CPUは3.5倍高速、GPUは最大5倍高速、機械学習は最大9倍高速になりました。

よくAppleの発表会で、何倍高速になったと発表していますが

正直、あんまりわかりにくいですよね。。

要するに、めっちゃ速くなったということです笑

また、Wi-Fiの新しい規格「Wi-Fi6」にも対応しましたので

ご自宅のルーターがWi-Fi6に対応していれば、高速の通信サービスを堪能することができます。

まとめると

  • Intel製のチップからApple製のM1チップ
  • 最大4コアから8コアへグレードアップ
  • 最大16GBのユニファイドメモリーを搭載
  • 最大12時間のバッテリー駆動時間から最大18時間へ
  • ファンレス化
  • CPUは3.5倍高速、GPUは最大5倍高速、機械学習は最大9倍高速
  • Wi-Fi6対応

参考:https://www.apple.com/jp/macbook-air/

https://www.apple.com/jp/mac/compare/?modelList=Macbook-Air-M1,MacBook-Air-Retina,Macbook-Air-2017

Mac miniの比較

Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved.

2018年10月に登場したMac miniとM1搭載のMac miniを比較してみます。

こちらもIntel製のチップからApple独自のM1チップへ変わりました。

新しい心臓。さらなる能力。」ということで

CPU性能は最大3倍高速、グラフィックスは最大6倍高速、機械学習は最大15倍高速になりました。

とてつもなく速い感が出ていますね。笑

電車で例えると、特急電車から新幹線になったくらいでしょうか。。笑

とにかく速くなったみたいです。

コア数は最大6コアから8コアへグレードアップしています。

Mac miniのメモリも最大16GBのユニファイドメモリを搭載し

パフォーマンスが向上したみたいです。

また、こちらもWi-Fiの新しい規格「Wi-Fi6」にも対応しましたので

ご自宅のルーターがWi-Fi6に対応していれば、高速の通信サービスを堪能することができます。

まとめると

  • Intel製のチップからApple製のM1チップ
  • 最大6コアから8コアへグレードアップ
  • 最大16GBのユニファイドメモリーを搭載
  • CPUは3倍高速、GPUは最大6倍高速、機械学習は最大15倍高速
  • Wi-Fi6対応

参考:https://www.apple.com/jp/mac-mini/

https://www.apple.com/jp/mac/compare/?modelList=Mac-mini-M1,Mac-mini-2018,Mac-mini-2014

MacBook Proの比較

Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved.

2020年5月に登場したMacBook ProとM1搭載のMacBook Proを比較してみます。

Proのすべてが目を覚ます。

こちらもIntel製のチップからApple独自のM1チップへ変わりました。

CPU性能は最大2.8倍、グラフィックス処理速度は最大5倍、機械学習は最大11倍高速になりました。

つまり、、、「速い」ということですね。。笑

コア数も最大4コアから8コアへグレードアップしました。

メモリも最大16GBのユニファイドメモリを搭載し

パフォーマンスが向上したみたいです。

バッテリー駆動時間が、前作では、最大10時間のバッテリー駆動時間でしたが

最大20時間となり、前作より10時間も向上しました。

使い方にもよりますが、ほぼ1日充電なしで使うことができます。

これは驚きですね。。

また、こちらもWi-Fiの新しい規格「Wi-Fi6」にも対応しましたので

ご自宅のルーターがWi-Fi6に対応していれば、高速の通信サービスを堪能することができます。

まとめると

  • Intel製のチップからApple製のM1チップ
  • 最大4コアから8コアへグレードアップ
  • 最大16GBのユニファイドメモリーを搭載
  • CPUは2.8倍高速、GPUは最大5倍高速、機械学習は最大11倍高速
  • Wi-Fi6対応

参考:https://www.apple.com/jp/macbook-pro-13/

https://www.apple.com/jp/mac/compare/?modelList=MacBookPro-13-M1,MacBookPro-13_2,MacBookPro-13_4

以上、それぞれのMacの旧と新を比べてみましたがいかがでしたか?

私は、Mac mini2014年版を愛用しているのですが

そろそろこのタイミングでMac mini2020へ買い替えてもいいのではないかと思っている自分がいます。

しかし同時に、少し様子を見てみようかなという自分もいます。

私が持っているMac mini自体、まだバリバリ使えていますので

急いで買い替える必要もないかなと思っています。

一度大型家電量販店などへ行って、実機を触ってみて考えてみたいと思います。

Macを購入するということは、値段もそれなりに高くなっているので

勢いで購入はできませんよね笑

どうしても一度足踏みをしてしまいます。。

でもよく考えると、私が購入したiPhone12は、docomoで購入したので

104,000円くらいでしたが、Mac miniは80,080円(税込)から買えてしまうんですよね。。

iPhoneより安いんですよね笑

私がもし購入するとしたらどのようになるのかをシミュレーションをしてみることにしましょう。

16GBのユニファイドメモリにして、256GBのSSDにすると

価格は102,800円(税込)でした。

ドコモで買うiPhoneより安いんですよね。。。

そうなるとさらに考えてしまいますね笑

よく考えてから決断してみたいと思います。

皆さんは気になったMacはございましたか??

皆さんのお役にたれられれば幸いです。

本日もGrapeHPの記事をお読みいただきありがとうございました。

イッシー

Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved.

この記事がいいなと感じていただけましたら

下のボタンを押していただくと嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村

さらにTwitterでシェアしていただくと嬉しいです。

その際は、是非「#GrapeHP」とつけてシェアしてください!

GrapeHP - にほんブログ村