【モバイルSuicaに切り替えるべき??】モバイルSuicaのメリットデメリットを紹介!!

どうもこんにちはイッシーです。

皆さんはよくSuicaを利用しますか??

普段電車に乗られる方のほとんどはSuicaを利用していると思います。

実際に、私自身もSuicaを利用して電車あるいはSuica対応のバスに乗ることがあるのですが

私の場合、モバイルSuicaとプラスチックSuicaの両方を持っていますが

ほとんどモバイルSuicaを使っています。

今回は、モバイルSuicaのメリット、そしてデメリットを紹介したいと思います。

モバイルSuicaのメリット

その1 いつでもチャージ(入金)ができる!

モバイルSuicaでは、あらかじめモバイルSuicaと紐付けた

クレジットカードまたはデビットカードで、いつでもチャージができるので

例えば、電車に乗っている時でもスマホから簡単にチャージすることができます。

その2 いつでも残高確認や利用履歴が確認できる!

プラスチックのSuicaだと、Suicaにいくらお金が残っているのかのを

把握をするのに手間がかかるため

残高不足で改札が通れなくなってしまうということがあると思います。

モバイルSuicaの場合、アプリを立ち上げれば残高をすぐに確認できますし

Androidの場合だとウィジェットにより、残高を表示させることができます。

またiPhoneの場合も、ApplePayの画面により残高を確認することができます。

したがって、プラスチックのSuicaよりかは

残高不足で改札が通れないということが軽減されると思います。

その3 グリーン券をいつでも購入できる!

モバイルSuicaでグリーン券を購入することができるため

わざわざ券売機に並ぶ必要がありません。

また、モバイルグリーン料金というのが適用されるため

乗車前に購入するときの料金と同額で購入することができます。

その4 定期券をいつでも購入できる!

モバイルSuicaの場合、通勤定期をいつでも購入することができます。

また、定期の更新をする際も、簡単に更新することができます。

わざわざ、面倒な手続きをする必要はありません。

モバイルSuicaのデメリット

その1 スマホの充電が無くなったら終了

スマホの充電がなくなっても、少しの間は充電が残っており

支払いを行うことは可能みたいですが

完全に充電がなくなってしまった場合は支払いができなくなってしまうので

モバイルバッテリーで対応するしかありません。

その2 チャージした金額の反映が遅い
(ネット回線に左右される)

モバイルSuicaにてチャージをしても、反映されるのに約30秒くらいかかります。

また、ネット環境の悪い場所だと、さらにチャージ金額の反映が遅れます。

チャージ金額が反映される前に、改札から出ようとしても

改札から出ることができませんので注意が必要です。

メリットもあればデメリットもモバイルSuicaですが

モバイルSuicaはやっぱり便利です。

電車に乗るときや買い物をする時にスマホがあればSuicaで支払うことができるので

私自身モバイルSuicaなしでは生きていけません。。

プラスチックSuicaを利用している方は

是非モバイルSuicaに切り替えてみてはいかがでしょうか。

本日もGrapeHPをご覧いただきありがとうございました。

イッシー