リニアで変わる山梨と計画〜リニア駅周辺整備はどうなっている??

どうもこんにちはイッシーです。

リニア中央新幹線が2027年に開業され

山梨県内にも、甲府市大津町に中間駅を設置するとのことで

この、リニア中央新幹線によって山梨県がどのように変わるのか

また、現在どのような計画がなされているのかを

素人の私が、様々なサイトや資料を参考にして、まとめていきたいと思います。

甲府市が東京への通勤・通学圏になる!?

現在、甲府から東京へ、電車を使って行く場合

中央本線を利用して行くと思います。

中央本線を利用した場合、甲府駅から東京駅まで

特急利用で約100分、各駅電車利用で約150分かかります。

楕円形になってしまいすみません。。

それが、リニア中央新幹線が開通後

甲府と品川が25分で結ばれ、品川と東京間が10分程度なので

甲府ー東京間が35分程度になります

それは、現在の大宮駅とあまり変わらない時間で結ばれます。

参考:https://linear-chuo-shinkansen.jr-central.co.jp/future/

甲府ー品川が、120分からたったの25分で結ばれるため

通勤や通学に便利な新幹線となります。

したがって、今まで東京都心に通っていた大学生や社会人の方も

中央本線の始発列車に乗らなくても良いため

今まで朝4時、5時に起きていた人も、朝7時くらいに起きれば

大学や会社に間に合います。

駅周辺整備はどうなる!?

リニア中央新幹線「山梨県駅(仮称)」建設予定地

リニア中央新幹線、山梨県駅(仮称)周辺は

2017年に策定された「リニア環境未来都市整備方針」によると

北側を走る中央自動車道に接続する「甲府中央スマートIC(仮称)」を設置

リニア山梨県駅(仮称)の北口側には「パーク&ライド用駐車場」を建設するみたいです。

また南口には、「観光交流・産業振興エリア」と言うことで

この場所には、高層の展望施設、ショッピングセンター、大学・企業用の研究所

イベント用の広場、観光案内所などを建設する予定みたいです。

わかりにくい図となってしまい、すみません。。

しかし、山梨県知事が後藤知事から長崎知事に変わったため

もしかしたら、このような計画が変わる可能性もあります。

また、最近のニュースではリニア周辺地域を「実証実験の聖地」とし

様々な最先端技術、例えば自動運転などの実証実験ができる街

「テストベッド」の構築も考えているみたいです。

甲府駅とリニア山梨県駅(仮称)の接続計画

初めは甲府駅とリニア山梨県駅(仮称)の接続方法について

BRT(バス高速輸送システム)を利用し

荒川の河川敷 にバス専用道路を建設して接続するという計画のみでしたが

知事が変わり、再びリニア山梨県駅(仮称)の場所を

小井川駅周辺にするのか、甲府市大津町にするのかを再検証した結果

甲府市大津町に再決定し、BRTにて甲府駅とリニア山梨県駅(仮称)を結ぶと同時に

小井川駅とリニア山梨県駅(仮称)をBRTにて結ぶ計画を新たに発表しました。

これにより、リニア駅へアクセスする方法は2つになりました。

将来的に、リニア山梨県駅の需要や公共交通の需要などを踏まえ

新たな交通システム、LRT(路面電車)などを検討するみたいです。

まとめ

このような計画は日々変化しており、一概にこれとは言い切れませんが

何よりリニアによって、山梨県がより良い街になってくれることを期待します。

山梨の魅力を日本中、世界中に発信できる良い機会ですので

山梨県や甲府市には、しっかりと駅周辺を整備してもらいたいと思います。

私個人的には、高層ビルを建設し

甲府盆地を一望できる展望台が建設されると良いなと思います笑

今後のリニア中央新幹線山梨県駅(仮称)の整備動向を

見守っていきたいと思います。

新しい情報が発表され次第、GrapeHPにてまとめたいと思います。

新しい山梨の姿に期待します。

本日もGrapeHPをご覧いただきありがとうございました。

では

イッシー

※誤っている情報がありましたら、お問い合わせにてご指摘ください。

修正いたします。

この記事がいいなと感じていただけましたら

下のボタンを押していただくと嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村

さらにTwitterでシェアしていただくと嬉しいです。

その際は、是非「#GrapeHP」とつけてシェアしてください!

GrapeHP - にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です