甲府駅と大宮駅の違いってなんだろう??

どうもこんにちはイッシーです。

この間、訳あって埼玉県の大宮に行ってきまして

いろいろ埼玉県を堪能して山梨県に帰ってきた訳ですが

最初、大宮駅に着いたとき「埼玉ってこんなに都会だったっけ??」と思うほど

私のイメージと違って驚きました。

様々な飲食店やショッピングセンター、娯楽施設などが並んでいて

楽しそうな街だなと思いました。

また、同時に住みやすそうな街だなと思いました。

公共交通機関が発展しているので、埼玉県内はもちろん

湘南新宿ラインなどを使えば

東京や神奈川なども、乗り換えなしで行けて

普段の買い物も、大きな買い物もしやすそうで

埼玉県は住みやすそうだなと思いました。

大宮から甲府に着いたとき
(その日は日中は埼玉、夜は甲府と言ったちょっと大変な日でした。。)

寂しさを感じてしまいまして

特急で帰ってきたのですが、なんか寂しくて

もう少し甲府駅も盛り上がっていてもいいんじゃないかなと思いました。

大宮駅は東京駅と近いので、様々な点において便利だという点から

発展したのだと思いますが

その他にも、ある大学教授が話していたのですが

大宮駅が発展した理由は「グラフ理論」にあると言う話です。

グラフ理論とは、言葉で説明するより

図で表したほうがわかりやすいので

こちらをご覧ください。

たくさんの線と丸がありますが、線をエッジとよび、丸をノードと呼びます。

この線を、電車で表すとすると

エッジとエッジが交わっている場所は、人々が移動する際、必ずそこを経由しないといけない場所です。

例えば、上の図で、JからBに移動する際、必ずAを通ることになります。

また、FからIに移動する際、必ずAとGを通ることになります。

このように交わる箇所が多ければ多いほど、乗降者数が増えると言うことになります。

大宮駅を見てみると、京浜東北線、湘南新宿ライン、埼京線、宇都宮線、東北本線、川越線、高崎線、東北新幹線、北陸新幹線、上越新幹線、埼玉新都市交通伊奈線、東武野田線

このようにいくつもの路線が大宮駅を経由します。

甲府駅を見てみると、中央本線、身延線の2つだけです。

例えば、甲府駅も県内、県外から甲府を経由する路線を増やせば

この理論からすれば、増えると言うことになります。

例えば、富士五湖地域から甲府駅に行く路線や

南アルプスから甲府駅へ簡単に行ける路線など

あらゆる地域から甲府駅に行ける路線

そしてさらに県外からのアクセスも強化すれば

あらゆる地域から人を甲府駅に運んでくることになります。

それに伴って、甲府駅に人が増えれば、周囲のお店も繁盛して行ける可能性があると言うわけです。

正直、車なんか持っててもコストになるだけであって

山梨県の場合は一人一台は車を持っていないときついですからね。

もし公共交通機関が発展していれば、一人一台から一家に一台に代わり

コストも減って、家庭の負担も軽くなると思います。

山梨県のリニア駅も、この理論からすれば

あんまり期待できないのではないかなと思います。

単独駅となると、その駅周辺は盛り上がるかもしれませんが

山梨県全体を見れば、どうなのでしょうか?と言う話ですよね。。

まあ決まってしまったものに、あれこれ言うのはよくありませんが・・・

せっかく品川ー甲府が25分で結ばれるのに

甲府駅まで行くのに時間がかかるって寂しくないですか??

でも、バスで甲府駅、小井川駅を結ぶと言っているので、実際どうなるかはわかりませんが

個人的に一般道を走るバスは弱いと思いますね。
(バス専用道路を建設するなら話は別ですが。。)

山梨県の県庁所在地が輝けば、山梨県全体が輝くと信じています。

また、甲府駅には甲府を代表とする建物があるといいですね。

例えば、景色が一望できる大きなビルを建設するとか

甲府城の天守閣を再現するとか。

甲府を代表する、「甲府といえばコレ!!」みたいなものがあるといいですね。
(まあ、すでに武田神社とか甲府城とかありますけど。。)

甲府が中心となり、県民の方々や県外の方々などが行き交う

「交いの国(甲斐国)」になりますよう、願っています。

本日もGrapeHPをご覧いただきありがとうございました。

イッシー

ヨドバシカメラになる予定の山交百貨店跡
人通りが少なくなった、ORION SQUARE

再び甲府駅周辺が輝ける時は必ず来る!!!

大宮駅に負けない甲府駅が誕生する日が必ず来る!!

だから、もっと甲府の魅力を伝えないと。

私は、これから甲府駅の魅力を伝える旅に出ます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です