甲府駅と山梨県駅をどのように結ぶかを独自に考える(前編)〜リニア中央新幹線山梨県駅、「甲府市内が妥当」

投稿者:

どうもこんにちはイッシーです。

リニア中央新幹線の山梨県駅(仮名)が甲府市内が最適だというニュースを受けて

私が思ったことを話したいと思います。

GrapeHPでは、リニア中央新幹線の山梨県駅は小井川駅周辺に設置した方が

利便性を感じられるので小井川駅に設置すべきだ!!と主張してきましたが

案の定計画通り、アイメッセ山梨の近くに山梨県駅(仮名)が最適だと

山梨県が発表いたしました。

理由として、小井川駅には住宅が並んでいる為、今から買収するのにお金がかかってしまうというのが主な理由らしいです。

私自身、Twitterではかなり批判してしまったのですが

GrapeHPでは落ち着いて記事を書きたいと思います。

まず、甲府駅に作った場合、甲府駅とリニア駅を結ぶ手段として

いくつか考えられます。

  • 一つ目は計画通りリニア駅と甲府駅をBRT(バス)で接続する方法
  • 二つ目はリニア駅と小井川駅をBRT(バス)で接続する方法
  • 三つ目はリニア駅と甲府駅をLRT(路面電車)で接続する方法
  • 四つ目はリニア駅と甲府駅をモノレールで接続する方法
  • 五つ目はリニア駅と甲府駅を地下鉄で結ぶ方法

以上6つ考えられます。

では、一つずつ検証して見ましょう。

リニア駅と甲府駅をBRT(バス)で接続する方法

甲府駅からリニア駅を結ぶには

県道29号を経由して平和通りを通り甲府駅にいくという方法が有力だと思います。

バスで約20分くらい、平日の通勤ラッシュ等の渋滞時だと30分くらいでしょうか。

そのくらいかかります。

バスで甲府駅と結んだ場合、低コストで抑えることができるので

市もしくは県としてはとても有り難いのかもしれません。

逆にデメリットとして、収容人数が少なくなってしまうということです。

恐らくバスといっても、乗れる人数が限られてしまうので、通勤通学の際

不便に感じてしまうのかもしれませんね。

さらに、バスの場合、交通状況に左右されやすいので

リニアを1本逃してしまうという懸念があります。

ただでさえ、平和通りは朝の通勤ラッシュが激しいので

利用者にとっては不安でしかないですね。

リニア駅と小井川駅をBRT(バス)で接続する方法

リニア駅と小井川駅をバスで結んだ場合、環状道路を通るのか、それとも下の道で行くのか

そこら辺が曖昧ですが、考えていきたいと思います。

リニア駅から小井川駅まで、5分から10分程度で行くことができるので、時間は大いに短縮できます。

さらに、この道では渋滞することも考えにくいので

渋滞で遅刻するということはなさそうです。

デメリットとしては、バスで小井川駅に着いたら身延線に乗り換えて

甲府駅まで行かなければいけないということです。

さらに身延線は本数が少ない為、場合によっては電車が来るまで待っている必要があります

手間がかかる上、時間もかかりそうですね。

リニア駅と甲府駅をLRT(路面電車)で接続する方法

リニア駅と甲府駅をLRT(路面電車)で接続した場合

バスより収容人数が増え、交通状況に左右されないので

時刻が正確で、利便性を感じられそうです。

また、途中駅を設けることで、付近に住んでいる方も気軽に利用できそうですね。

デメリットとして、建設費用がかかってしまうということです。

新たに道路を拡張したり、簡易的なレールを敷く為、片方潰して

大幅な工事が必要になったり

費用もかかってしまうので、県や市としては、痛い話かもしれませんね。

甲府駅と山梨県駅をどのように結ぶかを独自に考える(後編)〜リニア中央新幹線山梨県駅、「甲府市内が妥当」

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です