事実と真実

投稿者:

暗闇のトンネルから脱出した自分

そのとき、今まで見えなかったものが一気に見えて

私の心は希望を持った。

だけどそれはほんの一瞬の出来事で

トンネルを抜けたと同時に、見たくないものまで見えるようになって

それを見るだけで苦しくて、だから私は見て見ぬ振りをしていたら

再びトンネルに入ってしまった

生きていくことが辛くて

自分が何のかさえ見失って

希望から絶望に変わってしまった

荒れ狂う国際情勢

同じ民族同士の争い

家族を家族と思わない世の中

それでも今を平和だと叫ぶ評論家たち

メディアに騙され続ける国民

いいように利用される国民

洗脳されている国民は

自分の置かれている立場に何も疑問を抱かない

誰も気づかない

それを喜ぶ上級国民

事実と真実は似ているようで全く違う

ニュースで事実を述べていても

その先の真実を教えてくれない

でも、あたかもそれが真実だと認識した人たちは

SNSの中で必死に誹謗中傷を書き込む

人というものは、他人の事実に興味があって

自分の事実に興味がない、いや恐れている。

それを知ることを恐れているから

本当のことを言われたら、嫌な気持ちになる

でも、本当のことを言ってくれる人こそ

一番大切にすべきだと思う

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です