犠牲と平和

投稿者:

とある女の子が僕にこう言った

「私の命と引き換えに世界を救えるなら」と

世界なんかより君が一番大事だ

僕はそう思ったんだ

だけどその言葉を言う勇気がなくて

そのまま彼女はいなくなってしまった…

なにが正解かわからなかった

世界を救うことが大事なのか

君を救うことが大事なのか

今の僕にはわからなかった

だけど

平然と何も知らない奴らがこの世界を生きていく

誰にも知られず、ただ僕だけが知っているこの事実

みんなは何も知らない みんなは何も知らない

彼女の人生 未来を奪われてしまった

彼女の人生 未来は閉ざされてしまった

彼女は選ばれてしまった…

いつの時代も、犠牲があって平和が成り立つ

そんな世界だと誰もが知らずに平然と生きていく

犠牲があって平和がある

果たしてそれは平和なのだろうか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です