未来の山梨鉄道(空想)を考えてみました!!

投稿者:

どうもこんにちはイッシーです。

今日は山梨の未来の鉄道について語りたいと思います。

現在の山梨の鉄道はこんな感じです。

リニア駅はまだどこになるのかは不明ですが、個人的に身延線と接続してほしいので

こういう感じにしました。

パッと見ると、少ないように感じます。

私が考える、未来の山梨の鉄道はこんな感じです。

カラフルでどうなってるんだと思う方もいるかもしれませんので、詳しく紹介します。

まず、富士急行線なのですが、富士山登山鉄道を追加しました。

そして、山中湖駅始発の富士五湖線を追加しました。

現在、山中湖、西湖、精進湖、本栖湖を電車のみではいけないので

このように電車を利用していく形のほうが便利なのかなと思い追加しました。

塩山駅には青梅線と国中線というものを追加しました。

青梅線は、奥多摩駅から延伸して塩山に接続して

国中線は、国中の南を走る電車で、最終的に韮崎につなげるような感じにしました。

また、秩父鉄道を延伸して、山梨市までつなげる鉄道を追加しました。

こうすることで、埼玉へ電車を利用していくことが可能になります。

石和温泉駅は、富士見線というのを追加し国中線と結ぶ鉄道を追加しました。

さらに、山梨交通電車線を復活させ、南アルプスまで電車でいけるようにしました。

ちなみに、山梨県ではないのですが、京王相模原線を延伸させて

相模湖までつなげる鉄道を作りました。

こうすることで、神奈川県と山梨をより近くなると思います。

どうでしたか?

こんなことが実現するなんて

おそらくないと思いますけど

もし、これが実現したら、山梨県は首都圏としての機能を果たせると思います。

そしたらいずれ、山梨都民みたいな感じに呼ばれる時が来るかもしれませんね。

リニア開通を機に、このような鉄道網になるといいなと思います。

本日もGrapeHPをご覧いただきありがとうございました。

では

イッシー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です