高校受験ーあの時のエピソード

どうもこんにちはイッシーです。

私には弟がいるのですが

私の弟が、高校入試があって

一生懸命勉強している姿に

懐かしいなと思ってしまいました。

私は、山梨県内のとある高校に進学したのですが

受験当日、いざテストという時に

最初は国語からだったのですが

1問目がわからなくて、というか緊張で頭が真っ白になってしまって

手汗が止まらないし、しかも静かな教室に鉛筆の音が響き渡るあの環境で

終わったーーーーーーー

と思っていた記憶があります。

それでも、高校には無事合格をしたのですが

あの緊張は今でも覚えています。

合格発表当日、私の友達と一緒に見ようねという約束をしていまして

いざ、合格の受験番号のボードが運ばれてきたのですが

私の番号が一番端にあって、ボードが運ばれた瞬間に

合格しているのが見えてしまって

個人的には、自分の番号を探したかったのですが

それができなくて、後悔しています。

しかも、その友達には怒られたし笑

「一緒に見ようって言ったじゃん????」

みたいな

「仕方ないじゃん。端にあってたまたま見えちゃったんだから。」

みたいなやり取りをしていましたね。

ちなみにその友達も合格していました。

まあ結果良ければ全て良し!!

今年受験生の方!

できるできると自分の口から発すれば

絶対にできます。

だから、自分を信じて

頑張ってください!!

私は、4月から大学生ですが

大学の受験は、高校受験の時と比べて

そんなに緊張はしていませんでした。

落ちても次があるし、最悪就職すればいいやと思っていたので笑

そんな感じで、今回は私の高校受験の時のエピソードを語りました。

今思い出すと懐かしいですね。

みなさんも高校受験はどんなエピソードがありますか??

本日もGrapeHPをご覧いただきありがとうございました。

イッシー