宗教2世について思うこと

どうもこんにちはイッシーです。

昨日、久しぶりにテレビを見ていたら

「世界仰天ニュース」と言う番組で

宗教の2世に関する話が取り上げられていたので

そのことについて語りたいと思います。

宗教の2世と言うのは

親がある宗教を信仰していたら

その流れでその子どももその宗教のメンバーになっているということです。

日本国憲法には信仰の自由が保障されているのですが

それは、本人の意志での信仰なんですよ。

例えば、親がAという宗教に入っていたら

子供もAの宗教メンバーっておかしくないですか?

私はそうじゃないと思います。

子供にも、しっかりと信仰の自由があります。

したがって、子供が信仰しないのであれば

親はああだこうだ言う権利はありません。

子供が嫌だと言ったら嫌なんですよ。

実は「よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話」という本を読んだことがあります。

そこには、その子の辛さがしっかりと書かれています。

教えに反していたことをすると過酷な罰が待っていたり

学校での集団行動を制限されていたり

恋愛を制限されていたり

恋愛とか学校生活の経験って、その時にしかできないんですよ。

青春って、その時でしか経験できない大切な思い出なんですよ。

大切な宝物なんです。

価値なんです。

だから、宗教がどうだとかそんなの関係ない!と私は言いたいです。

自由なんですよ。

教えがどうとか、それを信じるか信じないかは

自分次第だから

もし、この記事を見ている子供さんには

時に、勇気を出すことが大事なんですよ。

勇気を出すのは正直怖いです。

なぜ怖いか、それはその後訪れる幸せが待っているからです。

幸せの前には困難が訪れるんです。

しかし、その困難を乗り越えれば

幸せが待っていますから

安心してください。

親の方が見ているのであれば

子供の自由、青春を奪わないでください。

あなたがやっていること

もしかしたら一種のマインドコントロール、「洗脳」かもしれません。

本日もブログをご覧いただきありがとうございました。

イッシー

※決して、宗教自体を否定しているわけではありません。

宗教2世について思うこと」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。