アニメによる地域経済の発展

投稿者:

どうもこんにちはイッシーです。

今日は、アニメと地域活性化について考えていきたいと思います。

現在、私もアニメ好きということで

いろんなアニメを見ていますが

アニメには必ず「聖地」と呼ばれる場所が存在します。

例えば、ラブライブ」の聖地は東京秋葉原であったり

「結城友奈は勇者である」の聖地は香川県観音寺市であったりと

アニメには、そのモデルとなった場所が存在するのです。

さらに、その「聖地」と呼ばれる場所は、アニメ好きには「特別な場所」として

認定されるのです。

その聖地を活かして、地域経済の活性化に繋げる自治体も増えています。

例えば、香川県観音寺市。

ここは、先ほど紹介したTVアニメ「結城友奈は勇者である」の聖地です。

市をあげて、聖地を利用した地域の活性化を行なっております。

私は実際に訪れたわけではありませんが、市の至る所に

アニメのポスターやグッズがあるそうです。

また、限定品もあり、その市でしか買えないものなども売っているそうです。

さらにその市では、声優さんたちのイベントを行なったりしています。

こうすることにより、全国各地から多くのファンが集まり

その市の経済効果に発展します。

私の地元山梨県にも、アニメの聖地となった場所が存在します。

それは山梨県南部町です。

南部町ってどこ?って思われた方は以下の画像で確認してください。

山梨の出っ張っているところの一番下ですね。

この南部町、なんのアニメの聖地か。

それは「ゆるキャン△」というアニメです。

「ゆるキャン△」というアニメは、簡単に説明すると

2018年の1月に放送されたアニメで、女子高生たちが

冬にキャンプをするというアニメです。

このアニメでは、山梨県の南部町以外にも

本栖湖、笛吹川フルーツ公園なども聖地になっています。

山梨県でも、聖地を活かした地域活性化を行なっており

2018年の4月21日から6月3日まで

このアニメに登場した場所へ、実際に行き

スマホと連携して、スタンプラリーをするといったイベントを行なっていました。

そのイベントでは、期間内に県外や海外から多くのファンが

ゆるキャン△の聖地を訪れたそうです。

こういったイベントの効果もあってか

キャンプ場の売り上げが、前年度の3倍以上になったという話も出ています。

このように、アニメ聖地の存在により

地域経済の活性化に繋がるということがわかりました。

アニメの聖地になったことにより、経済が衰退している自治体も

「聖地」となれば、経済の発展もありうるわけです。

しかし、聖地になっただけでは経済の発展には繋がらないと考えます。

聖地となった場合、イベント誘致やコラボグッズの販売などの活動をしなければ

経済効果は生まれません。

アニメの聖地になった自治体は、チャンスと捉え

経済の活性化に活かして欲しいと思います。

本日もイッシーのありがとうブログを閲覧していただきありがとうございました。

イッシー