ETC2.0って知ってる?一般のETCよりもさらにレベルアップ!またETC2.0割もある!

投稿者:




どうもこんにちはイッシーです。
ETC2.0というのを皆さんは知っていますか?
ETC2.0というのは今までの料金を支払うだけのものではなくて
渋滞回避や安全運転支援など、ドライバーに有利な情報を得ることができます。
 

仕組み

ETC2.0の仕組みは高速道路上に設置されている「ITSスポット」から車に自動的に送信されます。
通信費は一切かかりません。
 
 

ETC2.0のサービス

 

情報提供サービス

落下物や合流注意地点、先の見えない急カーブなどを事前に図形と音声で注意喚起をしてくれて
ドライブ中のヒヤリをなくします。

渋滞末尾情報

カーブの先などで渋滞や障害物がある場合に、画像と音声で情報提供します。
事前に前方の渋滞や障害物の状況がわかるため、安心して運転することができます。

画像情報

これから向かう先の雪や霧などの天候情報やトンネル内の渋滞状況も、静止画像でわかりやすくお知らせします。事前に前方状況がわかるため、安心して運転することができます。

渋滞回避支援サービス

従来は隣県の道路交通情報が受信できなかったため、交通状況を考慮した最適なルートを選択するのは困難でした。
ETC2.0では、最大1,000km分の道路交通情報が提供されるため郊外から首都圏に入る時点で、首都圏全体の所要時間を受信できるため、ETC2.0対応カーナビゲーションが、最適ルートを選択できるようになりました。

災害時の情報提供

災害発生と同時に災害発生状況と併せて、支援情報を提供します。

ETC2.0の新サービス

国土交通省は、休憩施設等への一時退出を可能とする「賢い料金」の実証実験を開始しました。
対象はETC2.0搭載車限定で、一時退出後指定の施設に立ち寄りETC2.0送受信機を通過した車に限り
IC退出後1時間以内であれば、目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金になります。

 
 

圏央道利用分について料金水準を約2割引

 

まず2016年4月からは、首都圏の圏央道の料金水準が約2割引となります。
2015年度 圏央道経由の方が都心経由より料金が高い。2016年度 [ETC車]出発地と目的地が一緒なら
どのルートも同一料金に。[ETC2.0車]圏央道の料金水準が約2割引となります。※都心部(首都高)
経由の料金が高い場合には都心部経由の料金は引下げません。

2015年度 圏央道経由の方が都心経由より料金が高い。2016年度 [ETC車]出発地と目的地が一緒ならどのルートも同一料金に。[ETC2.0車]圏央道の料金水準が約2割引となります。※都心部(首都高)経由の料金が高い場合には都心部経由の料金は引下げません。
今後もいろんなサービスが展開されます。
くわしくはこちら

ETC2.0を利用するには

ETC2.0を利用するにはETC2.0のETC車載器とETC2.0に対応したカーナビが必要になります。

いずれ従来のETCが使えなくなってしまう!?

従来のETCは恐らくずっと使えると思います。
しかしカーナビの渋滞情報は2022年3月31日に終了します。
これからはETC2.0を利用して、渋滞情報が表示されます。

まとめ

私はETC2.0のサービスはとてもよいサービスだと思います。
私はまだETC2.0ではないのですが、今後ETC2.0にしたいなと思っています。
なぜなら、渋滞情報の範囲が広くなったし、安全運転支援もあるし
さらに、今後展開される「一時退出・再進入の料金同一化」というサービスは

災害、事故時、給油目的でなどで高速道路を一時的に退出して、再進入した場合、退出せずに連続して走行した際の料金とみなします。

というサービスが展開されるので、これは切り替えるしかないなと思いました。
みなさんも是非、切り替えてみてはいかがでしょうか
では
イッシー