西関東道路と新山梨環状道路〜山梨をより前進させる道路の計画の存在

どうもこんにちはイッシーです。

今日は西関東道路についてお話したいと思います。

山梨県に住んでいる方なら多くの人が知っている西関東道路ですが

甲府市と山梨市を結ぶ道路であり

この道路のおかげで山梨市方面から甲府方面への移動時間が大幅に短縮されました。

過去、桜井ランプと万力ランプを結ぶ道路でしたが、延伸され

味平付近から桜井ランプまでになり、さらに移動時間が短縮されました。

実はこの西関東道路、これで工事が終わったかというと

どうやらそうではないらしいです。

山梨県の資料を見ていると面白い資料を見つけました。

参考資料1

この資料を読んでいくと、桜井ランプをさらに延伸させ

新山梨環状道路を作ろうと計画しています。

山梨をくるっと回ることができる道路ですね。

この道路を作ることによって

国道20号、県道甲府韮崎線、国道140号の渋滞緩和につながるのではないかと言われています。

参考資料2

参考資料3

これが実現すれば、甲府へ出勤する方にとっては便利になりますね。

新たに道路を建設することにより、渋滞が緩和されれば

朝イライラしながら出勤することがなくなりますね。

新山梨環状道路についてはここまでにしておいて

本題の西関東道路について話をしましょう。

新山梨環状道路が完成することで、山梨市方面から甲府方面へさらに時間が短縮されるでしょう。

そして、西関東道路は、味平付近で終えています。

しかし、参考資料1を読んでいると、埼玉方面にも新たに道路の調査を行っているみたいです。

まず三富道路と書かれていますが、三富にも新たに道路の調査をして

そして雁坂トンネルを通り、埼玉秩父の方にも新たに道路の調査を行っています。

もし、この計画通りに道路ができれば、埼玉と山梨がより近くなり

西関東道路を利用して、近くを走る関越道へのアクセスも楽になりますね。

さらには、埼玉から山梨へ観光に訪れる人も増え、そして2027年にはリニアが完成し

山梨は大きな発展を遂げる可能性があります。

是非この計画を前に進めて欲しいですね。

もしかしたらもう進んでいるのかも?

そこはわかりませんが、早く実現するといいですね。

本日もGrapeHPをご覧いただきありがとうございました。

イッシー

関連記事