ETCパーソナルカードとは!?考え方を変えればメリットが多いかも!!

どうもこんにちはイッシーです。

今回は、ETCパーソナルカードについて色々と調べました。

そもそもETCパーソナルカードって?

ETCパーソナルカードは有料道路のお支払いに限定した、高速道路6会社が共同で発行するETCカードです。 ーETC総合情報ポータルサイトから引用

普通のETCカードと何が違うの?

通常のETCカードには審査があります。

しかし。このETCパーソナルカードには審査がありません。

その代わりにデポジット(保証金)を支払う必要があります。

デポジットって何?

デポジットとは一時的にお預かりするお金のことです。

通常のETCカードはクレジットカード会社がお金を立て替えてくれるのですが

パーソナルカードにはそういうのがないのでデポジット(保証金)を支払います。

そうすることによって仮に支払いが遅れても発行者側がマイナスにならないのです。

デポジットはいくらかかるの??

この額はあくまで目安です。

月々の平均利用額  デポジット

5000円  →  20000円

10000円 →  40000円

15000円 →  60000円

20000円 →  80000円

こんな感じになっています。

月々の平均利用額の4倍がデポジットになります。

ただし、未決済残高がデポジットの一定割合(80%)を超えた場合利用停止になります。

{デポジット2万円の場合は70%(14000円)に達したら登録している銀行口座から自動的に2万円引き落とされます。}



デポジットと利用料金は別!

デポジットはあくまでお預り金ですので

利用した分はしっかりと払う必要がります。

また、年会費1234円がかかります。

支払日とデポジット

ETCパーソナルカードは毎月27日に引き落とされますが

限度額の反映は引き落とし日から3営業日以降です。

デポジット40000円

限度額32,000円(デポジットの80%)

4月1日から利用

4月5日→5000円利用(残り27000円)

4月10日→10000円利用(残り17000円)

5月10日→10000円利用(残り7000円)

5月20日→5000円利用(残り2000円)

5月27日→引き落とし日(合計30000円)

5月28日→3000円利用(残り-1000円※利用停止)

5月30日→限度額の反映(残り32000円)

私が思うメリット

このETCパーソナルカードは最初は保証金を支払う必要があり

めんどくさそうだなと思いました。

しかし、考え方を変えたらメリットが見えてきました。

まず、最初のメリットは金融ブラックでも持てるということですね。

これは、いろんな記事で見かけますね。

基本的に誰でも持てます。

次に、クレジットではないからクレジット決済が嫌いな人でも気軽に持てるということです。

この世の中にクレジットカードが嫌いだという人が多いかもしれません。

パーソナルカードはクレジットではないので

利用した分を払えばいいだけです。

そして、このETCカードは16歳以上の方が申し込みできるのでバイクの免許(原付以外)を持っている方なら申し込みができます。

最後に、使いすぎないということです。

これは私が気づいたメリットなのですが、やはりデポジットのことを考えれば

使いすぎる心配がないですよね。普通のETCカードは金銭感覚を麻痺させてしまうので

不安だと思う人がいるかもしれませんが、パーソナルカードはデポジットというものがあるので

使いすぎるということがなくなると思います。

ちなみにこのデポジットは解約したときに返金されます。

デメリット

デポジットが高いということと年会費がかかってしまうということですね。

クレジットカード版のETCカードは年会費無料とかありますけど、パーソナルカードは

デポジットと別で1234円かかります。

あとは支払日とデポジットの反映が遅いということですね。

まあそれらは仕方がないですね。

まとめ

ETCパーソナルカードはクレジットカードの審査に落ちた人が持つ

落ちこぼれが持つカードだと言う人がいるようですが、私はそんなことは思いません。

正直、クレジットは不安があるので

ETCパーソナルカードは保証金を預けているから安心はありますね。

ETCパーソナルカードはマイナスのイメージが強いかもしれませんが

使いすぎないという点ではプラスですよね。

デビットカードみたいな感じですよね。

詳しく調べたい方はETC総合情報ポータルサイトにてお確かめ下さい

今回お伝えした情報の中に嘘の情報が含まれている場合はお問合わせにてお知らせ下さい。

では

イッシー