クレジットカード、デビットカードの活用法ーデビットカード編

どうもこんにちはイッシーです。

前回、クレジットカードの活用法を記事にしました。

興味のある方はぜひ、クレジットカードの活用法も見てみてください!

 

今回はデビットカード編です。

デビットカードのメリットといえば

即時払いというところです。

クレジットカードと違って、デビットカードの場合は

後払いではなく即時払いなので、現金で払っているような感覚です。

したがって、クレジットカードは後払いで借金しているような感じがして嫌だと言う方や

金融ブラックでクレジットカードが作れないという方におすすめです。

デビットカードをどういう風に活用したら良いかわからないという方に

その活用法をお伝えします。


活用法はクレジットカード活用法と一緒!

基本的にデビットカードでもクレジットカードでも活用法は一緒です。

公共料金など月々の支払いはデビットカードで払ったほうがポイントが貯まるし

普段の買い物でも、デビットカードで支払いをすればポイントが貯まります。

カードが使えるところはカードで払うというのが基本です。

クレジットカード活用法の記事を見る
しかし、デビットカードはクレジットカードと比べて注意する点があります。

それはカードの種類によって、使える場面と使えない場面があります

主な例は、高速道路、飛行機の機内販売、ガソリンスタンド、公共料金、月々の支払い(一部)

特に高速道路に関しては、どのデビットカードでも支払いが不可能です。

飛行機の機内販売、公共料金、ガソリンスタンド、月々の支払い(一部)に関しては、カードの種類によって使えます。

そのカードは、ジャパンネット銀行楽天銀行の2つです。

 

ジャパンネット銀行は3日で3回までの利用ならガソリンスタンドでの支払いが可能です。

飛行機の機内販売についても一部のお店で利用可能です。

月々の支払いや公共料金も支払いが可能です。

ポイント還元率は500円で1ポイントです。

 

楽天銀行の場合1万円以上の残高があれば、ガソリンスタンドでの支払いが可能です。

飛行機の機内販売も一部可能です。

また、月々の支払いや公共料金の支払いも可能です。

ポイント還元率は100円で1ポイントです。

 

この2つは公共料金の支払いやガソリンスタンドの料金の支払いなど、幅広く支払うことができます。

 

制限や条件があってめんどくさいと思う方もいるでしょう。

しかし、デビットカードは買いすぎてお金が支払えないという心配がないのです。

口座残高が足りなければ、使うことはできません。

クレジットカードが不安な人などにおすすめのカードです。

しかも、デビットカードはクレジットカード同様ポイントが貯まります。


究極の支払い方

一番理想の支払い方はクレジットカードとデビットカードの両方を使う方法です。

公共料金など月々の支払い物はクレジットカードで払い、普段の買い物はデビットで支払う。

これが究極の支払い方法です。

ここでポイントなのが、クレジットカード料金を支払う銀行とデビットカードを利用する銀行を分けることです。

何故かと言うと、クレジットカードの料金を支払う銀行とデビットカードを利用する銀行を一緒にしてしまった場合、デビットカードの方で使いすぎて、クレジットカードの料金を支払えいないという場合があるからです。

そうなると大変なことになるので、別にしたほうが良いです。

しっかり管理できるのであれば一緒で良いと思います。


現金払いは損をする時代です。

もし、現金払いを続けている人がいるのであれば

今からでも遅くありません!

ぜひ、デビットカードやクレジットカードを活用してみてはいかがでしょう

では

イッシー